土佐 日記 門出 現代 語 訳。 土佐日記 現代語訳つき朗読

「土佐日記:門出(馬のはなむけ)」現代語訳(口語訳)

日記 語 土佐 訳 現代 門出 日記 語 土佐 訳 現代 門出

二十四日。 二十二日に、和泉の国までと、平らかに願立つ。

土佐日記『門出』(1)現代語訳

日記 語 土佐 訳 現代 門出 日記 語 土佐 訳 現代 門出

聞きしよりもまして、言ふかひなくぞこぼれ 破 や れたる。

土佐日記「門出」

日記 語 土佐 訳 現代 門出 日記 語 土佐 訳 現代 門出

・ なり … 助動詞「なり」の意味は「断定」 ・ 「断定」の「なり」は「連体形」に接続する それの年の十二月の二十日あまり一日の戌の時に、門出す。 数年来親しく交際してきた人たちは 特に別れにくく思って、一日中あれこれしながら騒いでいるうちに、夜がふけてしまった。 藤原のときざねが船旅なのに馬のはなむけをしてくれた。

16

男もすなる日記といふものを 原文と現代語訳 品詞分解

日記 語 土佐 訳 現代 門出 日記 語 土佐 訳 現代 門出

門出 ・ (記事一覧) [ 現代語訳・品詞分解・読み ] 下の画像クリックで次のページに進みます。 二十二日に、和泉の国までと、 平らかに 願 立つ。 平かに=ナリ活用の形容動詞「平らかなり」の連用形、平穏無事だ。

9

「土佐日記:門出(馬のはなむけ)」現代語訳(口語訳)

日記 語 土佐 訳 現代 門出 日記 語 土佐 訳 現代 門出

男も書くという日記というものを、女(である私)も書いてみようと思って書くのである。

19

男もすなる日記といふものを 原文と現代語訳 品詞分解

日記 語 土佐 訳 現代 門出 日記 語 土佐 訳 現代 門出

その(旅の)様子を(以下に)少しばかり書き記す。

18

土佐日記『門出』(1)問題の解答

日記 語 土佐 訳 現代 門出 日記 語 土佐 訳 現代 門出

1月27日 『』 : 鳴門の土佐泊へ。 五年、六年の間に、千年もたってしまったのだろうか、片側はなくなってしまっていた。 二十五日に国司の館から呼びつけられて時間を取られたこと。

土佐日記「門出」

日記 語 土佐 訳 現代 門出 日記 語 土佐 訳 現代 門出

正しくは、「潮海のほとり「にて」あざれあへり。

13

土佐日記『門出』(1)問題の解答

日記 語 土佐 訳 現代 門出 日記 語 土佐 訳 現代 門出

藤原のときざね、船路 なれ ど、 馬のはなむけ す。 亥の刻=午後八時、20時。 ともかく、(この日記は)早く破ってしまおう。

20