ファッツ ザ サン フランシス カン。 吉祥寺 Fatz's The San Franciscan(ファッツザサンフランシスカン)にハンバーガーを食べにいってきた。|ぜんざい Ltd.|note

高円寺から吉祥寺へ「ファッツ・ザ・サンフランシスカン」の大満足ランチバーガー

サン カン フランシス ザ ファッツ サン カン フランシス ザ ファッツ

それでいうとさっきのヘイジーIPAだとちょっとしつこくて食べきれなかったかもしれなかった。 一方でグリルは開店当時から同じものを使い続けていて、半世紀の肉の脂の旨味が染み込んだグリルで焼かれた肉は、歳月を経てこそ出せる伝統の味を醸し出しています。 広くなったキッチンにスモーカーを入れて、米国南部伝統のバーベキュー料理を日夜熱心に研究しています。

19

【近ごろ都に流行るもの】「プルドポーク」 米国発、裂けるソフトな“肉肉しさ”(2/3ページ)

サン カン フランシス ザ ファッツ サン カン フランシス ザ ファッツ

それもあって、天候とか関係なくあまり注文が入ってこないですね。 参考!アメリカにおける牛肉の「等級」システムについて アメリカで生産・販売される牛肉は、肉の種類、成熟度、霜降りの度合いなどにより全部で8個の等級に区分され、この等級はアメリカの農務省が細かく定義しています。 「チーズバーガー餃子」。

アメリカで味わう本物のステーキ|ロサンゼルス観光ガイド|現地情報誌ライトハウス

サン カン フランシス ザ ファッツ サン カン フランシス ザ ファッツ

一番人気は副菜の付いたプルドポークバーガーセットで、昼1375円、夜1540円。 なので、ウーバーイーツよりも時間通りにピックアップに来てくれる印象ですが、そのぶん余裕をもってスケジュールを組んでいると思います。 ランチメニューは、 「バーベキューブリスケットサンド」1300円 「ステーキサンドイッチ」 1500円 「BLT サンドイッチ」 1000円 「スパゲッティー二 カプレーゼ」 1500円 「キッズバーガーセット」 650円 などなど。

20

【Fatz’s The San Franciscan】子どもと一緒に本格派ハンバーガーが味わえるお店ー武蔵野市 吉祥寺ー

サン カン フランシス ザ ファッツ サン カン フランシス ザ ファッツ

多い日は20弱のオーダーが入り、恩恵はかなり受けてますよ。

19

【近ごろ都に流行るもの】「プルドポーク」 米国発、裂けるソフトな“肉肉しさ”(2/3ページ)

サン カン フランシス ザ ファッツ サン カン フランシス ザ ファッツ

ウーバーイーツが2016年9月に日本上陸して、3年半。 値段も比較的高めのため、ここぞという時に味わいたい牛肉です。 要予約。

14

プルドポーク

サン カン フランシス ザ ファッツ サン カン フランシス ザ ファッツ

ステーキ肉には、あれこれ試した末に辿り着いた、とうもろこしで育ったUSDAチョイスを使用。 というのも、出前館は個人ではなく配達代行の会社が運営しているんですよ。

14

『【2019年5月22日 裏メニューバーガー】 吉祥寺『ファッツ ザ サンフランシスカン』さんの裏メニューバーガーはスタイル最高。 バーガーの大きさは、隣に置いた『suica』カードど比べてみて・・・』by kaneko。 : Fatz's The San Franciscan

サン カン フランシス ザ ファッツ サン カン フランシス ザ ファッツ

以前は肉屋のベーコンでしたが、復刻版は自家製ベーコン。 美食家が絶賛するのは、「Black Angus Filet Mignon」(8oz・42ドル、12oz・52ドル)。 1時間火を入れます。

14

アメリカで味わう本物のステーキ|ロサンゼルス観光ガイド|現地情報誌ライトハウス

サン カン フランシス ザ ファッツ サン カン フランシス ザ ファッツ

バンズはもっちりサクサク。 プルドポークでパテをつくり、鉄板で焼いて自家製のBBQソースをたっぷり縫り、チーズをのせてバーナーで炙り、パンにのせます。 1920年代のニューヨークを思わせる華やかな雰囲気の店内では、店を知り尽くしたサーバーたちが、古き良きアメリカのステーキ店そのもののサービスで客を迎えています。

6

吉祥寺 Fatz's The San Franciscan(ファッツザサンフランシスカン)にハンバーガーを食べにいってきた。|ぜんざい Ltd.|note

サン カン フランシス ザ ファッツ サン カン フランシス ザ ファッツ

「ドライラブ」という自家製スパイスミックスをまぶしてから一晩寝かせ、レヴィン氏こだわりの大きな調理器具「BBQピット」でじっくりスモークする。 2014年に『ザ・バーガーマップ東京』(幹書房)出版。

18